少し切ない、FLOWER GIFT STORY



先月末、また花贈りコンシェルジュの依頼をいただきました!
 

今回は、少し切ないFLOWER GIFT STORY。。

お互い惹かれあって、付き合うことになった二人。

でも、当初から彼女の海外赴任が決まっていて、刻一刻と迫るリミットのなか、離れるまでの11日を大切に過ごした一年。

いつもは、酔った勢いでふざけて花あげるくらいだったけど、最後だから、これまで一緒に過ごしてくれた感謝の気持ちをちゃんと伝えたい、と依頼を受けました。
 

二人のデートは、2日間一緒にいて、既にホテルを抑えてあるということと、「チェックインしたら部屋に花が置いてある状態にしたい」というオーダーだったので、

①ホテルの付近にあり、ルームサービスにも対応してくれる3つの花屋

②次の日のデートでも持ち運びが楽なボックスタイプ

③中でも、ホテルで過ごす時間をより良いものにするためにキャンドルがセットになっているもの

をご提案させていただき、結果、ホテルと提携している花屋にて、アロマキャンドルが入ったフラワーボックスに決定。
 

二人は結局別れるということで切ない気持ちになったけど、(まだギリギリ飛び立つ前の変更に期待・・・!!)

「彼女ほんとにすごく喜んでくれた。ありがとう。」という報告を受け、救われました^^

12646785_989822761092077_4803714328490471324_o

 

それぞれのストーリー


 

普段は、花を贈るコミュニケーションを通じて男女の心を近付ける事が多いけど、花に込める気持ちも、色々ですね。。

あの時の特別な時間は価値があった、と記憶に残ってくれるのかな。

でもやっぱり、個人的には復縁してほしいなぁ(T . T)

今回の花屋さん、ムサ・ジャパンの情報はこちら



0002076437

http://www.musa-japan.com/online/box.html