2016年06月

昨今の商業施設を考える

先日見つけた記事、「2016年、東京にオープンする商業施設

d11865-13-486778-2

http://www.timeout.jp/tokyo/ja/things-to-do/new-opening 

商業施設好きで、オープンしたらすぐ上から下まで1人でグルグル周り、

打ち出してるコンセプトとリアルで体感する事を比較して「この店は◯◯さん好きだろうなー」「こういうシーンで使えそうだなー」って考えながら楽しむ変な趣味があるんだけど笑、さすがにこの春オープンするところ多すぎて周りきれないな笑。

群雄割拠。どう強みを打ち出すか


 

こんだけオープンして、どれだけ差別化出来るんだろう、って思う。

例えばテナントが全てどこかの国がテーマになってたりとか、全て初出店とか、全て既存人気ブランドの新業態で揃えたりとかすれば行きたくなるけど、企画と誘致にかかる手間暇と、リスクが大きいんだろうな。。

よっぽど並んでて入れないとかでない限り、既に行った事がある好きなテナントが入ってても、「あ、近くにできたんだ」くらいしか思わないだろうしな。

東急さんともっとお仕事がしたい


気になるは東急系列(東急さん勢い凄まじすぎる)・花やガーデンに力を入れているところ。
花贈り男子や、花関係の企画で何かコラボレーションしたいな!^^

少し切ない、FLOWER GIFT STORY



先月末、また花贈りコンシェルジュの依頼をいただきました!
 

今回は、少し切ないFLOWER GIFT STORY。。

お互い惹かれあって、付き合うことになった二人。

でも、当初から彼女の海外赴任が決まっていて、刻一刻と迫るリミットのなか、離れるまでの11日を大切に過ごした一年。

いつもは、酔った勢いでふざけて花あげるくらいだったけど、最後だから、これまで一緒に過ごしてくれた感謝の気持ちをちゃんと伝えたい、と依頼を受けました。
 

二人のデートは、2日間一緒にいて、既にホテルを抑えてあるということと、「チェックインしたら部屋に花が置いてある状態にしたい」というオーダーだったので、

①ホテルの付近にあり、ルームサービスにも対応してくれる3つの花屋

②次の日のデートでも持ち運びが楽なボックスタイプ

③中でも、ホテルで過ごす時間をより良いものにするためにキャンドルがセットになっているもの

をご提案させていただき、結果、ホテルと提携している花屋にて、アロマキャンドルが入ったフラワーボックスに決定。
 

二人は結局別れるということで切ない気持ちになったけど、(まだギリギリ飛び立つ前の変更に期待・・・!!)

「彼女ほんとにすごく喜んでくれた。ありがとう。」という報告を受け、救われました^^

12646785_989822761092077_4803714328490471324_o

 

それぞれのストーリー


 

普段は、花を贈るコミュニケーションを通じて男女の心を近付ける事が多いけど、花に込める気持ちも、色々ですね。。

あの時の特別な時間は価値があった、と記憶に残ってくれるのかな。

でもやっぱり、個人的には復縁してほしいなぁ(T . T)

今回の花屋さん、ムサ・ジャパンの情報はこちら



0002076437

http://www.musa-japan.com/online/box.html 

バレンタイン特別講師と過ごす、特別なひと時



12604914_987633584644328_5636416659466435452_o


バレンタインイベントに合わせて、2名の特別講師たちをキャスティングさせていただきました!^^
 

LUXE ROSE LESSON - AFRIKA ROSE -

限定30名ですが、イケメンフラワーデザイナー田中 秀行による、贅沢にバラを使った10000円相当のレッスンが、3000円の特別価格で受けれます。バレンタインに女子同士でぜひどうぞー^^
 

❷バレンタイン・マリアージュ・セッション ~チョコとお酒のオトナな楽しみ方~

こちらはさらに少ない限定20名!今相当勢いがある、ドリンクスタイリスト齋藤 久平がバレンタイン用に企画した特別セッションです。チョコと合わせる5種のドリンクとのマリアージュ体験をぜひ^^

 

ワークショップ 詳細ページはこちら



12654103_986772048063815_8635763426958460321_n


http://lacittadella.co.jp/valentino2016/#stacktitle1

↑このページのトップヘ